保育士になるには?

保育士の職場

保育士として活躍できる職場としては次のようなところがあるでしょう。

 

「保育所・託児所」

 

保育士の職場の代表的なものでしょう。

 

お仕事をされていたり、家庭の事情で日中家庭での保育が出来ない保護者に代わり、子供達を保育します。

 

「乳児院」

 

両親の未婚、保護者の病気などの事情などにより、家庭での養育が望めない乳児が入所する施設なのです。

 

ここに集まるのは、大人の助けがなければ生活できない小さな子供達ばかりです。

 

そのため、保育士の力が必要とされています。

 

「児童養護施設」

 

乳児院同様、何らかの事情で家庭での養育が望めない2歳〜18歳までの子供達が入所する施設です。

 

ここでは、食事や衣服の脱着の介助、排泄や入浴の介助、子供達の健康管理や学習指導などが保育士の仕事となります。

 

「児童自立支援施設」

 

不良行為を行った児童、行う恐れのある児童、引きこもりや不登校、虐待を受けた児童が入所する施設です。

 

ここでの保育士は、児童自立支援施設の任用資格である「児童生活指導員」として活躍します。

 

主に生活指導に関する内容を担当します。

 

「母子生活支援施設」

 

配偶者のいない母親と18歳未満のその子供が入所対象となる施設です。

 

ここでは「母子指導員」や「施設の保育士」として活躍します。

 

主な仕事としては、母親がいない間の子供達の保育、各家族に対する相談・援助などです。

 

この他にも「盲ろうあ児施設」「知的障害児施設」「情緒障害児短期治療施設」も保育士を必要としている職場です。

 

また近年では、病院に入院している子供達のサポートをする「病棟保育士」の必要性が高まってきています。

保育士の職場関連エントリー


保育士の仕事や資格の取得方法などをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 保育士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

保育士の職場