保育士になるには?

保育士に向いている人

保育士は、毎日小さな子供達と触れあい、その成長の手助けをする職業なのです。

 

では、どのような方が向いていると思われますか。

 

「子供好き」

 

子供と遊ぶのが好き、子供の笑顔に触れることで喜びを感じるなど、子供との触れ合いを楽しいと思える方は、天職かもしれません。

 

保育士は、自分の子供や顔見知りの子供だけでなく、そこで初めて出会う子供達と触れあいます。

 

全ての子供とのコミュニケーションを楽しめる方は、保育士に向いていると言えるでしょう。

 

「体力がある」

 

保育士は、毎日たくさんの子供達と触れあうのが仕事です。

 

また、子供達は止まっている時間の方が少ない位活発です。

 

たくさんの子供達のパワーに負けない位の体力が大切です。

 

「明るく元気がある」

 

子供達が楽しい時間を過ごせるように、笑顔で接することが求められます。

 

また、鬼ごっこやおままごとなどの遊びを一緒に楽しめるということも必要です。

 

子供達と一緒に、元気に楽しく過ごせる人は、保育士向きかもしれません。

 

「柔軟性と冷静な対応」

 

子供達との生活の中では、子供達の様々な要求や突発的な出来事が付き物です。

 

そういった状況になった時、臨機応変に対応できること、思わぬ出来事に対して冷静に対応できる気質が求められます。

 

「子供の気持ちがわかる」

 

小さな子供達は、大人が当たり前に思ったり感じることを不思議に思うことが多くあります。

 

そういった時、子供の立場になって対応することが大切です。

 

子供の疑問や感情を尊重できる力は、保育士としてとても重要な力となるでしょう。

保育士に向いている人関連エントリー


保育士の仕事や資格の取得方法などをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 保育士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

保育士に向いている人