保育士になるには?

保育士になるルート

保育士の資格が取得でき、保育士登録も済んだら、保育士としてのスタートなのです。

 

保育士として活躍できる場所はたくさんあります。

 

代表的な場所で、保育士になるまでのルートを説明しましょう。

 

「保育所」

 

保育所には公立と私立があります。

 

公立の保育所では、地方自治体の管轄になるので、その職員として働く事になるのです。

 

採用試験の実施は、地方自治体によって様々のようですが、広報やホームページで募集することが多いでしょう。

 

また、保育士として働ける人材として登録しておける制度がある場合もあるのです。

 

欠員が出た時、臨時職員が必要な時に、そこから選考されることがあるようですから、そういった制度を利用するというのもいいでしょう。

 

一方、私立の保育所は、民間の経営になります。

 

ハローワークの求人票や求人情報誌など、就職の一般的なルートと同じなのです。

 

また、人材派遣会社などでも保育士の派遣があるようです。

 

「児童福祉施設」

 

保育士の力が欠かせない場所でしょう。

 

児童福祉施設は公的な施設なので、公立の保育所同様、各地方公共団体の職員として働く事になります。

 

採用に関しても、広報やホームページで募集することが多いようです。

 

「託児所」

 

就職のルートとしては、私立の保育所と同じでしょう。

 

託児所の多くはホームページを開設していますから、その場合、ホームページ上で求人募集をしている場合もあります。

 

保育士はこれらの場所だけでなく、多くの場所で活躍が期待できる職業なのです。

 

ここで紹介した場所に限定せず、色々な方面からアプローチしてみてはいかがでしょうか。

保育士になるルート関連エントリー


保育士の仕事や資格の取得方法などをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 保育士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

保育士になるルート