保育士になるには?

保育士の勤務時間

保育士として働く場所によって勤務時間は違うでしょう。

 

労働基準法で、原則8時間という決まりがありますから、その範囲内でシフト制をとって勤務するのが一般的です。

 

保育士が活躍している代表的な場所は保育所でしょう。

 

保育所はどのような勤務時間になっているでしょうか。

 

保育所の多くは、7時30〜18時を保育時間としているのです。

 

その中で、早番、中番、遅番などのシフトが組まれます。

 

中番が基本的な勤務時間で、週のうち2回程度、早番や遅番の勤務になると考えておくのが一般的のようです。

 

また、保育所の中には通常の保育時間を超えた時間に対応してくれるところもあります。

 

それが延長保育です。

 

この場合、通常の保育時間よりも1〜2時間長く保育可能になるので、保育士の勤務時間もずれる場合があります。

 

さらに、夜間保育を行っている保育所もあるのです。

 

この場合、22時位まで保育可能としているところが多いでしょう。

 

それに伴い、保育士の勤務時間に夜型のシフトが入ってきます。

 

延長保育や夜間保育を含めると、保育所では長い時間の保育を可能にしているのです。

 

そのため、勤務時間が不規則であったり、勤務時間が長いのではないかと思われがちなのです。

 

しかしそれに対応するために、延長保育や夜間保育の時間帯、早朝や夕方の送迎が頻繁な時間帯にパート保育士を置いている場合もあるのです。

 

このように、延長保育や夜間保育があるからといって、保育士の勤務時間が大変だとは限らないのです。

 

ですが、行事のある時期になると、その準備に追われるでしょう。

 

そのため、残業があることは頭に入れておいた方がいいでしょう。

保育士の勤務時間関連エントリー


保育士の仕事や資格の取得方法などをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 保育士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

保育士の勤務時間