保育士になるには?

保育士の資格についての概要・種類

保育士は以前「保母」という資格名称でした。

 

その頃は、保母の養成機関を卒業するか、都道府県の実施する試験に合格することで資格を得ることが出来ました。

 

また、それによって得た「保育士(保母)資格証明書」があれば、保育従事者として働くことも可能でした。

 

しかし現在では、児童福祉法の改正により資格の扱いが変化しています。

 

ではどのような概要の変化があるのでしょうか。

 

大きな特徴は、国家資格になったことです。

 

保育士は、2003年から国家資格になりました。

 

それまでは、資格証明書があり保育従事者として働いている人が「保母」または「保育士」を名乗ることができました。

 

保育のプロとしての専門性が重要視されてきていること、保育士に対する社会的信用が損なわれてきていること。

 

これらのことに対応するように、法改正で以前より専門的で重要な立場であることが明確になったのです。

 

また、保育士の資格を持って働くためには「保育士登録」をすることが義務付けられました。

 

以前のように資格を持っているだけでは、働くことが出来なくなったのです。

 

1さらに、保育士でないものが保育士を名乗ったり、紛らわしい名称を使用して働いた場合、罰則が規定されています。

 

保育士が保育従事者として活躍する場の中には、その資格を用いて「児童生活指導員」や「母子指導員」として働くこともあります。

 

単に保育士として携わるだけでなく、子供が関わる様々な分野でもその立場が重要視されるようになってきています。

保育士の資格についての概要・種類関連エントリー


保育士の仕事や資格の取得方法などをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 保育士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

保育士の資格についての概要・種類