保育士になるには?

保育士資格取得方法

保育士の資格を取得する方法は2つあります。

 

1つ目は「保育士養成校」で保育士の資格を取得する方法です。

 

保育士養成校というのは、厚生労働省が指定した、4年制大学、短期大学、専門学校、保育士養成施設です。

 

これらの学校に通い、資格取得に必要な過程を修了し卒業した者に対して、保育士の資格が与えられます。

 

保育士養成校の場合、学校を卒業するのと同時に保育士の資格が得られます。

 

それが一番のメリットです。

 

大学なら4年、短大や専門学校なら2年というように、その期間の中で保育士としての知識

 

を学んでいきます。

 

将来の進路として保育士を目指しているなら、保育士養成校への進学がお勧めです。

 

福祉学部や教育学部の中のコースや保育科や幼児教育科というような学部や学科で、保育士の資格取得が目指せます。

 

保育士養成校への入学は、高等学校卒業または高校卒業認定に合格した者、見込みの者となっています。

 

2つ目は「保育士試験」を受験する方法です。

 

保育士試験は、国家試験の1つです。

 

以前は各都道府県によって異なった試験でしたが、2004年より全国統一の試験となっています。

 

保育士試験では、1つ目で挙げた保育士養成校を卒業した人と同様の知識が身に付いているかが試されます。

 

筆記試験だけでなく、もちろん実践を想定した実技試験も課せられます。

 

この方法で保育士の資格取得を目指す方は、書店に並べられている保育士試験の教材や通
信教育の保育士講座などを利用して、試験に臨むことが多いようです。

保育士資格取得方法関連エントリー


保育士の仕事や資格の取得方法などをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 保育士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

保育士資格取得方法