保育士になるには?

保育士の資格取得者の傾向

保育士の資格取得を目指す人の傾向には、3つのパターンがあるようです。

 

1つ目は「20代」です。

 

この段階で保育士の資格を取得する方は、保育士の資格が取得できる学校を卒業した方がほとんどでしょう。

 

小さい頃から保育士になることを考えていたり、将来の進路として保育士を選択したなど、20代の資格取得者は、早い段階から保育士を目指していた方が圧倒的に多い様です。

 

学校のカリキュラムの中で保育士の資格が取得できる方法は、シンプルで効率的な方法なのです。

 

わざわざ国家試験を受ける必要もありませんから、保育士を目標にしている方には人気のある進路でしょう。

 

2つ目は「30代」です。

 

30代の場合、家庭や子育て、仕事などとの両立をしながら、保育士の資格を取得するというパターンが圧倒的に多い様です。

 

特に、自分の子育て経験を仕事に生かしたいということから取り組む方が多い傾向にあります。

 

また、自分の仕事が安定してきて、新しい何かにチャレンジしたいという方も少なく無いでしょう。

 

こういった場合、小さい頃に子供と携わる仕事に憧れていたという方が多い様です。

 

さらに、保育施設基準の規制緩和がされたことにより、保育の自宅開業を目的に資格取得するというパターンも増えてきているようです。

 

3つ目は「男性」です。

 

保育士は、女性の職業だと考えることが多かったのですが、近年着実に男性の資格取得者が増加傾向にあります。

 

男性が保育従事者として働いている姿を見る機会も増えてきました。

 

女性と比べるとまだまだ人数は少ないですが、20:1程度の割合で、男性の資格取得者がいらっしゃるようです。

保育士の資格取得者の傾向関連エントリー


保育士の仕事や資格の取得方法などをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 保育士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

保育士の資格取得者の傾向