保育士になるには?

保育士の試験概要

保育士試験は、筆記試験と実技試験があります。

 

筆記試験では8科目の受験が行われ、それに全て合格した人のみが実技試験に進めるという流れで行われるのです。

 

保育士試験の「筆記試験」「実技試験」それぞれの概要を説明しましょう。

 

「筆記試験」

 

1)社会福祉(60分)

 

2)児童福祉(60分)

 

3)発達心理・精神保健(各30分)

 

4)小児保健(60分)

 

5)小児栄養(60分)

 

6)保育原理(60分)

 

7)教育原理・養護原理(各30分)

 

8)保育実習理論(60分)

 

計8科目を2日に分けて行います。

 

各科目とも100点満点の試験内容となっていますが、3)と4)の科目については、50点ずつの配分の試験内容になっています。

 

保育士試験の筆記試験は、各科目とも6割以上の得点が得られた場合、合格となります。

 

ただし、3)と4)は、両科目とも6割以上の得点が得られていないと合格になりません。

 

どちらか一方が6割以上の得点が取れていない場合、もう片方が合格点であっても合格とならないので注意しましょう。

 

「実技試験」

 

8科目の筆記試験全てに合格した者のみに受験資格が与えられます。

 

・音楽

 

・絵画作成

 

・言語

 

これらの分野の中から、2つを選択して受験します。

 

実技試験は、筆記試験の結果次第で受験の可否が決まります。

 

しかし、どの分野で実技試験に臨むかは、保育士試験の受験申請時に選択する必要があるので注意しましょう。

 

各分野ともに、得点の配分は50点です。

 

その6割以上の得点を得ることができると合格です。

 

ただし、同年に両分野で6割以上の得点が得られなければ合格となりません。

保育士の試験概要関連エントリー


保育士の仕事や資格の取得方法などをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 保育士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

保育士の試験概要