保育士になるには?

保育士の試験勉強を独学で

保育士試験を独学で突破しようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、保育士試験は8科目もの筆記試験をこなさなければならないのです。

 

そのため、独学で試験勉強するなら、きちんと計画を立てて行わなければなりません。

 

また、何もない状態では試験勉強は出来ないでしょう。

 

そこで、独学に必要なツールを紹介しましょう。

 

「テキスト」

 

独学で保育士試験の突破を目指す方が利用するツールとしては、市販のテキストや問題集が多いようです。

 

特に「全国社会福祉協議会」の「保育士養成講座」というテキストが利用されています。

 

毎年、このテキストからの出題が多い傾向があるという事で、保育士試験を独学でと考えている方々のバイブル的存在となっているのです。

 

通信教育の教材よりも安価な費用で入手することができますし、書店で手軽に購入することが可能です。

 

充実した内容のものを、価格も購入も手軽に出来るのが、このテキストの魅力ではないでしょうか。

 

「法令集」

 

保育士試験では保育や福祉に関する法律問題も出題されます。

 

そのため、社会福祉関係や保育関係の用語集、法令集なども入手する必要があるでしょう。

 

特に保育所保育指針は保育士試験に頻繁に出題されていますから、これは必ず用意が必要です。

 

「問題集」

 

試験勉強の達成度を見極めるために「問題集」は欠かせないでしょう。

 

保育士試験の当日までに、過去3年間位までの問題を解いておくと安心です。

 

市販の問題集もたくさんありますが、保育士試験の過去問題ならインターネットで簡単に入手できるのです。

保育士の試験勉強を独学で関連エントリー


保育士の仕事や資格の取得方法などをわかりやすく紹介しています

Copyright (C) 2010 保育士資格取得ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

保育士の試験勉強を独学で